産後の夫婦仲が悪くなって悲しくなったときの解決法

夫婦関係が悪くなった時の解決法

子供が生まれてから、奥さんは旦那さんに愛を感じにくなる?

ろくに会話もしていない。スキンシップもゼロ・・・

家の中の空気が殺伐としてる・・・

これらは全て、子供が生まれたあとに起こる現象としてよく聞く話ですが、なぜか自分たちはそうはならないだろうと思っていました。

結果、上記の状態にまんまと陥りました(笑)

いろいろとコミュニケーション不器用ながらに試行錯誤し、なんとか乗り越えてきました。

夫婦仲が悪くならないよう、わたしが意識するようになったことを中心に、解決策を解説していきます。

我が家が至った解決策

  1. とにかく話し合う 
  2. 気に入らないことは、その場で言う 
  3. 弱い自分もさらけ出す 
  4. 自分の気持ちを分析したり落ち着かせて、よい方向へ持っていく努力をする

一つ一つ説明しますね。

1 とにかく話し合う

最初は怒りや悲しみで混乱していても、話しているうちに自分の整理がついてきます。

うまく伝えられなくてもいいから、とにかく苦しいことを伝える。

このとき相手が受け止めてくれるかは、パートナーのキャパによるかもしれません。

でもその場では相手も受け止められないかもしれないけど、それでも「こう思っている」ということを伝える価値はあると思います。

やっぱり言葉で伝えないと人の考えてることはわからないからです。(同性であろうと異性であろうと)

同性ならまだしも、異性同士なら、そもそもコミュニケーションの仕方が違うので、私たちが思っている以上に勘違いが起こりやすくなります。

しかもたいていの家庭は、ママとパパで、産後の(むしろ妊娠してからの)置かれている状況がかなり違うので、より相手の気持ちを理解しづらいと思います。

ママは育休中だったり専業主婦だったりで、子供と一日中一緒にいます。

パパは毎日仕事をしていて、子供や家のことをする時間は相対的に少ないです。

産前は働いていたママですら、子供が生まれて生活が激変した後は、子供がいる状態で仕事をする旦那さんの気持ちはわかりづらいでしょう。

そしてパパももちろん、一日中子供を家でみているママの気持ちはわからないでしょう。

そしてこれはパパが1日ママの代わりをやってみただけでわかるものではない。

というわけで、やっぱり言葉で伝える必要があると思うのです。

自分勝手に思われても、うまく伝えられなくても泣いちゃってもいいから伝える。

伝えるなかで自分で反省すべきところがあることにも気づきます。

最近では、「相手が悪い!!」という気持ちでいっぱいのとき、自分の行動は100%正しいのか?と自分に問いかけるようにしています。

たとえ100%正しいとしても、相手を攻撃することなく、理解してもらえるような言葉で伝えているか?を考えるようになりました。

2 気に入らないことは、その場で言う

すぐに言ったほうが、自分のなかのモヤモヤがまだ小さいうちに相手にぶつけるので、あまりトゲのない言い方で伝えられます。

それに、自分の言い方が軽いので、相手の神経も逆撫でしにくいです。

わたしも夫も、もともとその場ですぐ言わないタイプで、何時間も、または何日も、自分の中にため込んでたりしていました。

自分の中でスルー出来ればいいんですが、今のところ私も夫もそんなスルースキルはなさそうです。

スルーもできず言わずにため込んでいると、頭のなかのスペースがそのことを考えることに使われていきます。

そして、堂々巡りの考えをしているうちにすごい消耗します。

そして明らかに不機嫌そうな態度をとり始めてしまいます。

でも意識的であろうと無意識だろうと、そういう態度を出すと決めたのは自分です。

すると「気づいてよ!」って思ってる自分の甘えに気づくのです。

やっと「どうしたの?」って聞かれたときには、不満がたまりすぎていてどこから話したらいいかわからないし、爆発してしまいがちです。汗

わたしはこういう態度をとりがちだったんですが、相手がもしこんな態度だったら「すごいイヤな奴だなー、めんどくさい奴だなー」って思うだろうなって思ったんです。

そんなことを何度も繰り返し、逆に旦那がため込んで爆発したこともあったので、お互いすぐ伝えるようにしようって決めました。

それも、子供が生まれてたくさん喧嘩したからこそ、至ることができた結論なのだと思います。

まわりの友人たちも、相手にすぐに不満に思ったことや異議は唱えないタイプが多い気がします。

でも早いうちに外に出しちゃえば、ぶつかり方も小さくて済むし、穏やかに話し合うだけで解決したりします。

結果、精神健康上ずっと良いです。

3 弱い自分もさらけ出す

ストレスなどで弱っている自分をさらけ出すと、パートナーがよっぽど意地悪な人でない限り、励ましてくれたり、話をじっと聞いたりしてくれます。

我が家の場合だいたい弱ってしまうのはわたしですが、たまに夫が弱いところを見せると、寄り添って話を聞いてあげたいと思います。

そして、相手に何ができるだろうか?と考え始めます。

つまり優しい気持ちになれるのです。

そうすると、夫婦喧嘩の発端となるはずのストレスが、夫婦が仲を深められるチャンスになります。

そうやって、正面衝突ではなく、「弱い自分」を見せることで、問題解決へ持っていくほうが、支え合っている感じがしてあたたかい気持ちになるし、愛が深まる気がします。

4 自分の気持ちを分析したり落ち着かせて、よい方向へ持っていく努力をする

何か手に負えない感情を抱き始めたら、ちょっと冷静になって分析します。

オススメは紙に書くことです。スマホのメモに書くのでもいいです。

すると、イライラしてしまうのは、自分の心に余裕がないからなんだと気づいたり、

相手に不満を感じてしまうのは、自分を周りの人と比べてしまうことによって生まれる嫉妬が隠れていると気づいたり、

大好きな子供を育てているのにこんなに疲れてしまってるのは、「ゆっくりしたい。○○したい」と自分中心の欲があるからと気づきます。

「ママもたまにゆっくりリフレッシュしましょう」ってよく言われるけど、両実家が頼れなくて旦那も疲弊しきってたら、無理やり頼んで出かけても、今度は旦那さんが疲れを癒すためにこちらが頼まれる側になります。

うちも、もちろんお互いに頼んで一人でゆっくりしたりすることもありますが、相手に負担をかけている感は否めません。

そして自分の欲望を少しずつ叶えていると、「今度はもっと〇〇したい!もっと一人の時間が欲しい!」と、キリがない状態になってしまうんです。

また、ベビーシッターや一時預かりなど外注する手もありますが、やっぱりお金がかかるし、金銭的に切り詰めて生活する必要がある家は、やっぱりなかなか手が出ないと思うんです。

だったら自分たちで何とかしようってなりますよね。

だから、考え方を変えて、「この瞬間は今しかない。子育ては貴重な、今しかできないことなんだ」と思うようにしたら、お一人さま時間への欲が消えました。

このようにマインドの持ちようを方向転換することで、不満が不思議と一気に消えました。

今の気持ちや状況のすべての責任は自分にある、と考えるのです。

不満やイライラがたまってしまうのは、やはりそれを冷静に分析できてないわけです。

また、それを別の形で昇華できてなかったり、具体的な解決策を実行しようとしていないのもあると思います。

そんなことする時間も心の余裕もない!と言いたくなるところですが、本当にそうでしょうか。

私はこう自分に問いかけることで、いつのまにか何でも人のせいにしている自分に気づくようになりました。

今の気持ちや状況のすべての責任は自分にある、と考えられると、現状打破のためのいろんな解決策が浮かびます。

(ちなみに先ほどギリギリの状態で夫婦がお互いに自分の時間を持つために頼りあうのは、結局お互いに負担をかけあうことになってしまうと書きましたが、寝不足だけは解決しましょう。これだけは旦那さんに頼ってしまいましょう。寝不足だと精神が壊れます。)

わたしの場合

子育てのマルチタスクからか、頭の中が常に混線状態という感じで、自分の気持ちが整理されておらずイライラしてました。

結果的に夫に当たってしまっていた部分があり、自分でも自分の気持ちが整理できてないせいだと、うすうす気づいていました。

だから、そのことを直視して、紙に気持ちを書くことを日課にしました。

また、家にいることでフラストレーションがたまるタイプだったので、積極的に出かけて人と話す機会を自分から作ったりしました。

0~1歳の子と出かけるのは大変だし、肉体的には疲れたけど、精神は正常の状態に戻ることができました。

こうやって、自分の状況を変える努力をしました。


産後、夫婦仲が悪くなったと感じたときの解決法:まとめ

長くなりましたが、もう一度振り返ると以下になります。

  1. とにかく話し合う 
  2. 気に入らないことは、その場で言う 
  3. 弱い自分もさらけ出す 
  4. 自分の気持ちを分析したり落ち着かせて、よい方向へ持っていく努力をする

わたしたちは、子供が生まれるまでまったく喧嘩をしなかったのですが、生まれてからびっくりするほど相手への不満を感じるようになりました。

この2年いろいろあったなかで、相手に不満があるときの対処法がだんだんわかってきました。

まだまだ夫婦初心者ですが、ここに書いたことは今後も役に立つと思っています。

どこかのだれかの役に立てば、うれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です