忙しい人でも読書時間が毎日1時間生まれる。Audibleのススメ【1冊無料でゲット】

Audibleの始め方。無料で本がもらえる
とあるママ
育児や仕事が忙しくて本を読む時間がない・・・ 
とあるママ
本を読もうと開いても集中できない・・・ 
とあるママ
読んでもすぐ内容を忘れてしまう・・・

私がそうでした。

この記事では、そんな読書が苦手な人読書する時間がない人に向けて、いつでもどこでも「本を聴く」ことができるAudibleというサービスについてご紹介します。

私はAudibleを始めたら、1冊を数日で読み終える(聴き終える)ことができました。

無料で1冊本をGETできるので、ぜひ最後まで読んでみてください!

Audible(オーディブル)とは?

AudibleはAmazonが運営するサービスの一つです。

Audible(オーディブル)=本が聴けるアプリです

Audibleとは、人気俳優や声優が朗読している本を専用アプリにダウンロードし、耳で聴けるというサービスです。

ダウンロードした本は、

  • iPhoneやiPad
  • Android
  • PC

などの端末で聴くことができます。

とりあえず最初の30日間は無料なので、サクッと1冊もらっちゃいましょう。

ポマ
気になる本が見つかれば、無料で手に入ってラッキーだよ! 

\本が1冊無料でもらえる/

Audible(オーディブル)の始め方

こちらからAmaonオーディブルのサイトに移動し、「無料体験をする」をクリックします。


※Amazonのアカウントを持っていなければ、Amazonアカウントを作ります。

②Amazonアカウントでサインインします。

③スマホなど聴きたい端末にAudibleアプリをインストールし、もう一度Amazonでサインインします。

④「コンテンツ」の部分またはカートのマークをクリックすると、ストアに移動するので読みたい本を探します。

⑤「ライブラリーに追加」→ダウンロードが始まります。

⑥ダウンロードが完了したら聴けるようになります!

Audibleのコイン制とは

コイン制についてここでポイントをまとめておきます。

  • 最初の30日間は無料で1冊聴くことができます
  • 無料体験期間は1ヵ月ではなく30日間です。
  • 2ヶ月目からは1500円/月で1コインが付与されます。
  • 2冊目以降は購入する必要があります。
  • 会員は2冊目以降を30%オフで購入することができます。
  • コインは6カ月間使わずに保有し続けることができます。
  • 会員登録しないでも購入することはできますが、本ごとに設定された価格となります。(平均2,000~3,000円)

Audibleのオススメポイント5つ

Audibleのメリット①家事・運転・通勤しながら聴ける

主婦ってとにかくずっと動きっぱなしですが、耳は暇なことが多いですよね。

働いている方でも1日合計1時間くらいは必ず家事や雑事に費やしていると思います。

その時間でAudibleを聞けば、1週間くらいあれば確実に1冊聞き終わるでしょう。

Audibleのメリット②返品・交換が可能

ダウンロードした本がイメージと違っていた場合、購入から365日以内であれば返品することができます。

聴き始めてからでも返品交換OKです。

ですが、あまりにも短期間に返品交換しまくると利用制限されたりするみたいなので気を付けてください。

あくまでも「内容が想像したものと違った」場合などのための返品交換サービスです。

Audibleのメリット③頭に入りやすい&記憶に残りやすい

これは実際体験してみるとわかりますが、Audibleで本を聴くと内容がスーッと頭に入ってきます。

しかも内容が記憶に残りやすいんです。

ポマ
プロの声優さんや俳優さんのイケボ(イケてるボイス)のおかげだね! 

単語の暗記とかでも、

「情報は目で読むだけよりも耳からも入れたり、声に出して言ったほうが記憶に残る」と言います。

余談ですが、私は受験勉強の時に、古語単語帳を見てても全然覚えられなくて困っていました。

でもプロの声優さんが単語を読み上げているCDを聴いたら、どんどん覚えられたんです。

それと同じ現象ですね。

Audibleのメリット④紙やKindleで買うより安いタイトルがいっぱいある

無料期間が終わったら1500円で1冊ダウンロードできます。

紙の本で買うと1500円以上する本もストアにはいっぱいあります。

たとえばこれらの本。↓

価格が高めの本を見つけて、Audibleで1500円でゲットするのがオトクですね。

Audibleのメリット⑤解約・再入会がカンタン

30日の無料期間中に解約することもでき、再入会するのもアプリからすぐできるようになっています。

ただし、保有コインは解約時になくなってしまうので、コインを使い切ってから解約しましょう。

Audibleの注意ポイント5つ

Audibleの注意ポイント①聞きたいところをピンポイントで探しにくい。

トラックは章ごとに分かれています。

章の中のさらに細かいパートでは分かれていません。

私が購入したDaiGoさんの文章術の本を例に説明します。

第1章の中身はこうなっています。

第1章 文章が持つ力は無限大

  • A,B,Cの3つから、あなたが選ぶのは…
  • 「やせる・稼ぐ・口説く」は、全て文章で決まる
  • 人生のあらゆる問題は、文章が解決してくれる

↑こんなふうに、第一章の中にさらに細かいセクションがありますよね。

でも、Audibleのアプリのトラックはこのようになっています。

第3章とか1時間18分ですよ・・・

その中の聞きたいセクションにピンポイントで飛べないのです・・・

これは、聞きた直したい内容がどこにあるか探すのに一苦労です。

Audibleの注意ポイント②紙の本やKindle版のほうが安いことがある。

紙の本やKindle版のほうが1500円より安ければ、Audibleではなく紙かKindle版で買ったほうがオトクですよね。

でも、主婦や子育て中のママや、仕事中などカラダは動いてるけど耳は暇な人には、紙の本やKindleを読む時間がありませんよね?

たとえ紙やKindle版のほうが1500円より安くても、Audibleには1週間くらいあれば聞ききることができるという付加価値があります。

プロの声優の朗読という付加価値も考えると、紙やKindle版より価格が高いことがあっても納得できます。

ポマ
でもやっぱり安いほうを買いたいな。どうやって本・KIndle・Audibleそれぞれの価格を比べるの?? 

Audibleで買う場合と本で買う場合の価格を比較したい人は、AudibleアプリのストアではなくAmazonで検索してチェックするといいですよ。紙・Kindle・Audibleの価格が一目でわかります。

↑この場合はAudibleのほうが安いので、Audibleで聴くのがオトク。

ちょっと面倒くさいですが、1円でも損したくない人はぜひチェックしましょう。

ポマ
LIFE SHIFTも読みたい(聴きたい)な~~~ 

Audibleの注意ポイント③マーカーを引くことができない

当たり前なんですが、音で聴くのでマーカーを引くという行為ができないです。

かわりにブックマークすることはできます。

ブックマークにメモを残すことができるので、気になるところに付箋にメモして貼るイメージですね。

Audibleと似ている他サービスとの比較

似たサービスにAudiobook(オーディオブック)というものがあります。

Audiobookは0円/月で会員登録でき、プロの朗読を聴くサービスです。

Audibleと異なる点は、Audiobookのほうには聴き放題750円/月というプランが用意されていることです

最初の30日間は無料でこの聴き放題プランを体験することができます。

Audibleには聴き放題のサービスがないので、大きく異なる点ですね。

しかし、正直ラインナップに最新刊や最新のベストセラーが少ないような印象を受けました。

それでも750円で1万冊以上が聴き放題なのはオトク!

ぜひこちらも無料体験してみて、Audibleと比べてみて下さい。

まとめ:Audible(オーディブル)で話題の本をサクッと聴いてみよう

以上、Audibleの特徴や使い方を解説しました。

まとめると、

  • 最初の1ヵ月は無料で1冊聴ける
  • 手に入れた本は退会後も聴ける
  • 1500円/月で好きな1冊を選べる
  • 子育て中の主婦や忙しい人にオススメ
  • Audiobookとの比較もオススメ

欲しいけど我慢していた本はありませんか?

新刊や話題の本も多くそろっているので、これを機に無料で手に入れちゃってください。

\Audibleは最初の30日間無料/

\Audiobook(オーディオブック)も無料体験できるよ/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です